スタッフブログ

2016年12月09日

朝のルーティン

 

朝の交通渋滞を避けるためにだんだんと出社時間が早くなり、早いと気分もいいため、日の短いこの時季は日の出よりも早く会社に着いています。


朝会社に着いたら、湯を沸かし、豆を挽き、ハンドドリップでコーヒーを淹れる。10分くらいのことですが、これが今自分の朝の「ルーティン」になっていて、これで作業にスーッと取り掛かれる気がする。逆にコーヒーを切らしていたら焦って近所のセブンに買いに行きそう。いや、そのドリップ作業がないことを恐れてコーヒーを切らしたことはないのですが。そのくらい、コーヒーを淹れる作業が、一日の始まりの導入アクションとして身についてしまいました。そもそもコーヒー好きというのはあるのですが。


素人なりに少しずつ淹れ方がわかってきて、今日は美味い、今日は時間かけすぎた、この豆も意外に美味しいなど、日々の変化を楽しんでいます。


気づいたのは、日々同じ動作、「ルーティン」を持っていると、多少体調や機嫌が良くなくても、いつの間にかいつも通りの流れに乗っていること。イチロー選手や五郎丸選手のルーティンの意味も、最近少しは理解できるような気がします。


今思えば、淹れ始めた頃に、良かれと思ってスタッフにも出したコーヒー、あんまり旨くなかっただろうなあ。口をつけても誰も何も言わんかったし・・・(笑)


写真は、会社の年賀状(お題ありの)に使うため、素材として撮ったもの。そのうちのボツ案です。

  • 一覧はこちら